background movie

窓際のアヒル


2014年02月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★GAME★

アクションゲームの定番は、自分は龍が如くシリーズがやっぱりお気に入りです
毎回コンセプトもちがうのですが、ストーリー展開が派手でアツく、笑い、感動もあって面白いo(^▽^)o


特に『龍が如く2』では神室町と大阪を舞台にしたストーリーになってます。
どちらが最強の龍か白黒はっきりさせるためその関西の龍、郷田龍二率いる近江連合とジングォン派との戦い。
喧嘩、人情、金、欲望、恋、別れ。
一つ一つがはっきりと鮮明にわかりやすい物語でどんどん感情移入してく作品でした。

グラフィックもどんどんリアルさがましていくのでのめり込みます
まだ最新作を始めてないのですが早くやりたい




戦国無双

真田幸村、前田慶次、織田信長、明智光秀、石川五右衛門、上杉謙信、お市、阿国、
くのいち、雑賀孫市、武田信玄、伊達政宗、濃姫、服部半蔵、
森蘭丸がPCとして登場。
特殊NPCとして羽柴秀吉、徳川家康、浅井長政、今川義元、本願寺顕如も登場している。

『戦国無双』の拡張版。『戦国無双』と連動させることで戦国無双の物語やステージをプレイすることが出来る。

受けさせる修行とその結果、および最終的な仕官先によって成長タイプやパラメータ、得意属性が異なる。
条件を満たすと間接攻撃武器を鉄砲にすることが可能。
モーションは汎用武将のものが元になっている。
ストーリーは最初に今川軍に所属し、義元の死後武田軍の一員として活躍する。
その後長篠の戦いでの敗戦後、徳川軍に所属することになる。
終盤、上田城の戦いにおいて大坂夏の陣で豊臣方・徳川方のどちらに味方するかの分岐が生じ、
それによってエンディングも異なるものになる。

images (2)


ヒットマン

『ヒットマン』(Hitman)は、IO Interactive社が制作し、
アイドス(現・スクウェア・エニックス)より発売されたステルス性重視の
サードパーソン・シューティングゲームのシリーズ名。プレイヤーは暗殺者47(フォーティセブン)となり、様々な任務を遂行していく。
ティモシー・オリファント主演の実写映画版については『ヒットマン(2007年の映画)』を参照。

プレーヤーは、謎の組織「ザ・エージェンシー(単に機関、組織とも)」に所属する暗殺者「47」となって、
依頼された暗殺任務を様々な手段を持って行なうという自由度の高さを売りにしたゲームである。
基本的には、『メタルギア』に代表されるステルスゲームであり、変装やスニーキングといったシステムを用いながら
敵に怪しまれず、気づかれることなくターゲットを暗殺することを目標とする。
より隠密性が高いほど、良い称号が与えられたり(最高は「沈黙の暗殺者(サイレントアサシン)」であり、
47の異名でもある)、シリーズによってはボーナスアイテムが支給されたり、報酬額が上がったりする。
しかしながら、あくまでこれは手段の1つに過ぎず、重武装した上で正面突破を行なうなど、
条件を満たすのであれば、基本的にどのような手段を用いて任務を遂行しても良い。
銃器も拳銃からアサルトライフル、あるいは狙撃銃といった種類があり、
また、事故死に見せかけることも場合によって可能である。
シリーズを経るごとにその自由度は高くなっており、
『Blood Money』では、相手を押す、拳銃で殴って気絶させるなども可能となっている。

過激な内容だけど、大人気なゲームです
ヒットマン


グランド・セフト・オート

アメリカのゲーム制作会社・Rockstar Gamesが発売したコンピューターゲームのシリーズ。
車を盗んで街中を走り回るなど、犯罪・殺人を中心にした自由度の高さが特徴。
2012年11月時点で、全世界でシリーズ累計は1億2500万本の売り上げを記録している大ヒット作品である。

ゲームタイトルは直訳すれば「車両窃盗」といった意味(よく“偉大なる”と誤訳されるが、
Grand Theft=重窃盗という意味であり“偉大なる”という意味は含まない)であるが、
シリーズでは車に限らず陸海空の様々な「乗り物」がミッションにフィーチャリングされている。
非常に自由度が高いがその内容が生き残るためなら誰彼構わず巻き添えにする事も可能であり、
暴力的過ぎるという批判も強いため「暴力・出血表現が含まれている」
などの注意喚起シールがほとんどのシリーズのパッケージに貼ってある。

シリーズの多くは序盤(またはオープニングシーンまで)仲間だったキャラクターが
後々裏切りプレイヤーと敵対する関係になるといった、モチーフとしているマフィア・ギャング映画に
近いストーリーとなっている。
またいずれの作品もゲームの性質上、主人公が人生のどん底から再起し這い上がって頂点に立つといった
ストーリー展開が多い。
プレイヤーは決められたミッションをこなしてゲームを進めることになるが、
ミッションは失敗してもそのまま最初からやり直せる。
街で暴動を起こすと、手配度(星)が増え、警察が主人公を追跡する。
手配度が上がるにつれ、より精強な部隊に追われることになる。
さらに部隊には戦車隊やヘリコプター隊などが含まれている。(シリーズによっては出ない)。
ライフがなくなって意識を失ったり、警察に捕まったりすると、
武器と防弾チョッキを没収され、最寄りの警察署や医療施設から再スタートしなければならない
(GTA4においては逮捕された場合のみ没収される)。病院に入院すると治療費をとられる。

これも、なかなか過激だが、人気の高いゲームです
グランド画像



バイオハザード


2丁拳銃の登場、プラットフォームをドリームキャスト、
PlayStation 2、ゲームキューブに移したことによるグラフィックの向上、
「固定カメラ」視点から「移動カメラ」視点への変更などが主な特徴である。
従来の作品でも一時的に操作するキャラクターが変わったり、
同時に行動していた別のキャラクターを操作するという事はあったが、
本作では前半を主にクレアの操作で進行していき、
終盤はクリスの操作でエンディングへ向かうという形式で、
アイテムもアイテムBOX(アイテムを保管する場所)を通して共有している。
操作キャラクターがクレアからクリスに交代する際、
クレアにアイテムを持たせたままにすると持ち逃げ状態となり、
クリスの手元(アイテムBOX)には戻ってこない。よって、
強力な武器がなくなることもありうる。逆に強力な武器をアイテムボックスに残しておけば、
クリス編は有利となるが、クレア編の最後にはボス戦があるので注意が必要である。
また、ストーリーの長さの割にハーブや弾薬の入手機会が少なめで、
雑魚敵も弱点をついても中々死なない事があり、難易度はシリーズの中では高い部類に位置する。
ナイフの攻撃力や部位破壊などの武器に関しての仕様や演出が一部従来のシリーズ作品と異なっている

images (1)

個人的にバイオハザードの映画も大好きで、主役のミラなんて最高にファンですね
スロットのバイオも大好きです
スポンサーサイト

★GAME★

どうぶつの森

いま、はまっているゲームです
自分が村長になって、村のイベントや住民の引越しや、施設の建設など、自分で決められます。
積極的に村民の動物と会話して、家具の交換や、頼まれ事をこなしていきます。
一つの社会がしっかりとできていて、動物それぞれの性格も違うので
お子さんによい内容と思います。

地面をスコップで堀って、化石や、はにわを掘り出します。
釣り竿で、川や海の魚を釣ります。
虫とり網で、虫を捕まえます。
パチンコ玉で、プレゼントの付いた風船を狙い割り、プレゼントをGETします。

一番好きなのは、南の島で釣りをする事で、
そこでは、サメから始まり、マンボウ、エイ、ジンベイザメ、ノコギリザメ
大きな魚が釣れる所ですね
同じく島では、虫も現実では高額で売っているであろう、
色々な種類のカブトムシやクワガタが捕まえられます。

ほっこり出来るゲームなので、ぜひ遊んでみて下さい

どうぶつの森


SUPER MARIO 3DLAND

子供の頃遊んでいたものとわ、別格な画像と内容に、興奮しました。
自分の子どもの頃とは時代が変ったんだなぁ~っておもいますね
とにかく王道の大人気ゲームと思います

images (3)


MARIO CART

こちらも、自分が学生時代遊んでいた画像、内容の変わりように興奮しました。
なかにわハンドルがリモコンになっていて、
車好きな子供は大興奮ですね

images (4)


桃太郎電鉄シリーズ

最初に目的地の駅がルーレットで決められる。
プレイヤーは順番にサイコロを振り、出た目の数だけ汽車を進め目的地を目指す。
ルート上であれば、どの方向に進むのもプレイヤーの自由。
移動数は単純に汽車を進めた数なので、移動できる数が多い場合、
環状線のルートを何周もして移動数を消費するなどもできる。
駅がすごろくのマス目となっており、
移動後止まった駅に応じて持ち金が増減する・カードが貰える・物件が買えるといった
イベントが発生する(駅については後述)。
プレイヤー全員の行動が終わると1か月が経過となり次の月に移る。
本シリーズでの1年は4月から始まり、3月までの12ターンとなっており、
3月終了時には「決算」となり、物件の収益金や途中経過の発表が行われる。

images (5)

懐かしいゲームですよね~
ファンの方は多いと思います
また、遊びたいゲームです
プラグインの説明
このテンプレートは、プラグイン1・2・3に対応しています。

最上部のメニューバーがプラグイン1です。マウスオーバーで展開するメニューになっていますので、お好みでプラグインを設定してください。「HOME」のような普通のリンクも置けます。

←のエリアがプラグイン2です。有効範囲幅は180pxです。

このエリアがプラグイン3です。有効範囲幅は540pxです。
サイズの大きなプラグインに適しています。

★テンプレート名で検索すると、作者のブログにより詳しい説明があるかも知れませんし、無いかも知れません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。